MENU

個人年金保険

保険 個人年金保険

 

個人年金保険は、老後の生活を助けるための保険です。
働き盛りの期間にお金を積み立てて、60歳からなどでお金を受け取ります。

 

この保険は4種類あります。

  • 保証期間付終身年金
  • 確定年金
  • 保証期間付有期年金
  • 夫婦年金

 

30歳男性Aさんが、自分自身に個人年金保険をかけたとします。
そして、65歳まで積み立てて、65歳から年金を受け取れるようにします。
Aさんが亡くなった時の死亡保険金の受取人は、奥さんのBさんです。

 

たびたび「保証期間」という言葉が出てきます。
その期間を、10年としますね。
詳しい説明は、あとでしていきます。

 

 

保証期間付終身年金の仕組み

「Aさんが生きてても亡くなっていても年金を受け取れる、一定期間」と、
「Aさんが生きている場合だけ、生きている限り年金を受け取れる期間」が、
あります。

 

pic42.jpg

 

 

今回の例でいうと、30歳のAさんが65歳までお金を積み立てて、
65歳から74歳までが、
「生きてても亡くなってても、年金を受け取れる一定期間」です。
この10年間を、「保証期間」と言いますよ。

 

 

30歳から65歳まで

どんどんお金が積み立てられていきます。
もし、この間にAさんが亡くなってしまったら、
これまで積み立てていた分は、死亡保険金として、Bさんが受け取ります。

 

 

65歳から74歳までの10年間

Aさんが生きていてもいなくても、年金を受け取れます。
もし、この保証期間にAさんが死んでしまったら、
残りの分は、Bさんなどの家族が代わりに受け取ります。

 

 

75歳から

Aさんが生きている場合にだけ、年金を受け取れます。
Aさんが亡くなった時点で、年金の受け取りも終わります。
Aさんが亡くなった後は、Bさんが受け取れる年金はありません。

 

 

確定年金の仕組み

「Aさんが、生きていても亡くなってても年金を受け取れる、一定期間」
だけの年金です。

 

pic43.jpg

 

 

「保証期間付終身年金」の、74歳からの部分が無いイメージです。

 

 

30歳から65歳まで

どんどんお金が積み立てられていきます。
もし、この間にAさんが亡くなってしまったら、
これまで積み立てていた分は、死亡保険金として、Bさんが受け取ります。

 

 

65歳から74歳までの10年間

Aさんが生きていてもいなくても、年金を受け取れます。
もし、この保証期間にAさんが亡くなってしまったら、
残りの分の年金は、Bさんなどの家族が代わりに受け取ります。

 

 

保証期間付有期年金の仕組み

「生きていても亡くなっても年金を受け取れる、一定期間」と、
「生きている場合だけ年金を受け取れる、一定期間」が、
あります。
pic44.jpg

 

「保証期間付終身年金」の、74歳からの部分が、
"一定期間"に変わるイメージです。

 

今までどおり保証期間は10年間で、
それからの"一定期間"は5年間とします。

 

 

30歳から65歳まで

どんどんお金が積み立てられていきます。
もし、この間にAさんが死んでしまったら、
これまで積み立てていた分は、死亡保険金として、Bさんが受け取ります。

 

 

65歳から74歳までの10年間

Aさんが生きていてもいなくても、年金を受け取れます。
もし、この保証期間にAさんが亡くなってしまったら、
残りの分の年金は、Bさんなどの家族が代わりに受け取ります。

 

 

75歳から79歳までの5年間

Aさんが生きている場合にだけ、年金を受け取れます。
Aさんが亡くなった時点で、年金の受け取りも終わります。
Aさんが亡くなった後は、Bさんが受け取れる年金はありません。

 

 

夫婦年金の仕組み

夫婦どちらかが生きている限り、年金が受け取れます。

 

pic45.jpg

 

 

 

30歳から65歳まで

どんどんお金が積み立てられていきます。
もし、この間にAさんが死んでしまったら、
これまで積み立てていた分は、死亡保険金として、Bさんが受け取ります。

 

 

65歳から

AさんかBさんどちらかが生きている限り、年金を受け取り続けられます。
先にAさんが亡くなったら、代わりにBさんが、
先にBさんが亡くなったら、そのままAさんが、
次回から年金を受け取っていきます。

 

保険無料相談窓口 人気ランキング

保険マンモスは、無料保険相談サービスの中でも、
実績が豊富で、高い人気を維持してます。

その人気の理由は、
  • 担当FP(フィナンシャルプランナー)の質
  • 全国47都道府県対応
  • 保険だけではなく、住宅資金・教育費・老後資金など総合的なサポート
にあります。

特に重要なFPは業界随一とも言われ、
実務経験が豊富(平均5年)で、AFP等の有資格者も多数在籍しています。
また、「FPQ」という独自のサービス品質基準を設けており、
サービスの質を常に保つよう努力しています。


相談場所も自宅に来てもらえるので、
落ち着いて、じっくり相談に乗ってもらうことができます。
※自宅以外の場所(レストラン等)がいい場合も、対応可能です。

項目

評価

詳細

対応エリア

★★★★★

全国47都道府県対応
取り扱い保険会社数

★★★★☆

FPによる
FPの質

★★★★★

実務経験が平均5年、独自品質基準で常にサービスの質を維持
来店?訪問?

★★★★☆

訪問型 自宅など
口コミの満足度

★★★★★

FPの提案力が高く、話もしやすいと高評価


生命保険の無料相談



こちらは、保険無料相談窓口の店舗検索・予約サイトです。
なので、「相談窓口が、自分の家の近くに果たしてあるのか?」
そこから知りたい方には、是非使ってほしいサイトです。
まずマネモを利用し、そこから最寄りの窓口の存在を知れますから♪

全国約1,200店舗の、「保険見直し本舗」や「保険ほっとライン」等相談窓口を、
住所・最寄駅・地図・ショッピングセンターなどから検索して、予約できます。

全国47都道府県対応しています。
また、駐車場・キッズルーム・訪問OKなどの情報も記載されています。
相談窓口によっては、生命保険のみならず損害保険分野も対応していますから、
生保も損保も、まとめて見直したいあなたには、かなり便利ですね。

項目

評価

詳細

対応エリア

★★★★★

全国47都道府県対応
取り扱い保険会社数

★★★★☆

窓口によってバラつくが、損保OKの窓口も探せる
FPの質

★★★☆☆

相談窓口によってバラつきあり
来店?訪問?

★★★★★

どちらも検索可能で、施設情報も記載されている
口コミの満足度

★★★☆☆

便利だけど、主要な窓口を取り扱っていない


マネモ



こちらの窓口は、自分でFPを選べます。
厳選された全国のFP(社員ではなく外部のFP)が、データベース化されていて、
「おすすめから選ぶ」か、「ライフステージで選ぶ」から、検索できます。

もし数名がピックアップされたら、
データベースには、名前や年代、経歴、写真などの基本情報に加え、
得意分野や、お客様アンケートの結果が公開されていますから、
そこから更に信頼できそうなFPを選んでください。
なお、損害保険分野は基本的に対応していません。

訪問型ですが、自宅や勤務先など、
プライバシーが確保でき、落ち着いて相談できる場所が推奨されています。
どうしてもそれが無理な場合は、カフェ等でも相談可能です。

項目

評価

詳細

対応エリア

★★★★★

全国47都道府県対応
取り扱い保険会社数

★★★★☆

FPによる(平均20社程度)
FPの質

★★★★★

説明が丁寧で知識が豊富と評判
来店?訪問?

★★★★☆

訪問型 自宅や勤務先が望ましい
口コミの満足度

★★★★★

女性FPの指名も可能で、ストレスが無い


FPのチカラ