自転車事故の賠償金、慰謝料は個人賠償責任保険でカバーできる?!

MENU

自転車事故の賠償金、慰謝料は個人賠償責任保険でカバーできる?!

もし急に、
9500万円支払わなければならなくなったら、
あなたはその備えができていますか?

 

実際に、自転車事故で9500万円の損害賠償金が発生した例があります。
ここまでいかないにしても、誰かにケガや後遺症を負わせたり死亡させてしまった場合、
数千万円もの慰謝料や賠償金を払わなければならない自転車事故は、増えています。

 

「うっかり自転車事故の加害者になって、
高額な慰謝料や賠償金を請求されたら大変!
さっそく自転車保険に加入しなきゃ!」

 

って、誰でも思いますよね~。

 

でも、ちょっと待ってください。
自転車保険の保険料はプランによって様々ですが、
平均でも年間5,000円、月々に直すと400円以上はします。
毎月のことになりますし、なかなか大変ですよねー。

 

 

ただ、これから私が紹介する方法を使えば、
毎月100円くらいで済むんです。
その方法が、「個人賠償責任保険」への加入です。
これは、自動車保険の重要な部分をカバーする、コスパの高い保険なんです。

 

その保険の説明をする前に、
いま一般的に販売されている「自転車保険」について、
説明をしておきますね。

 

 

 

 

自転車保険とは?個人賠償責任保険とは?

 

自転車保険は最近登場した保険ですが、
これは、昔からある個人賠償責任保険がベースなんです。
そのベースに、更に役割を増やしたものが、今人気の自転車保険です。

 

個人賠償責任保険については、あとで詳しく説明をするので、
いまは何となく頭に入れておけばOKです。

 

 

自転車保険とは?

自分がケガをした時の保障

自転車を運転中の事故で、
自分自身がケガをした時、もし入院や手術や通院
することになったら、給付金の受け取りができます。 

 

自分が死亡したり高度障害状態になった時の保障

自転車を運転中の事故で、
自分自身が死亡したり、高度障害を負った場合、
保険金を受け取れます。

 

 

相手への補償

自転車を運転中の事故で、加害者になってしまい、相手にケガを負わせたり、
死亡させたり高度障害を負わせた場合を含め、法律上の賠償責任が生じた場合の、
賠償金や慰謝料の支払いをカバーします。
(業務中の場合も含む)

 

日常生活全般での相手への補償

自転車事故だけじゃなく、日常生活の中で加害者になってしまい、
相手にケガを負わせたり、死亡させたり高度障害を負わせた場合を含め、
法律上の賠償責任が生じた場合の、 賠償金や慰謝料の支払いをカバーします。
(業務中の場合は対象外)

 

この4つの機能を持っています。

 

 

③④の「賠償責任」をわかりやすく言うと、

 

「日常生活の中で、
誤って他人やその人の物に損害を与えてしまった場合、
その損害を償う責任

 

という意味です。

 

  • 子供が投げたボールが、他人の家の窓ガラスを割ってしまった
  • 飼い犬が他人を噛んで、ケガをさせてしまった
  • 買い物中に不注意で、売り物の花瓶を割ってしまった
  • マンション住まいで洗濯機のホースが外れ、下の階まで漏水させてしまった
  • スーパーで自転車を倒してしまい、他人の車にぶつかって傷を付けた

 

日常生活で起こりうる賠償責任は、このようにいくらでもあります。

 

個人賠償責任保険とは?

続いて「個人賠償責任保険」について紹介します。
冒頭で話したとおり、月々100円程度で自転車事故の備えができる保険です。
(自転車保険のベースともなっている保険です)

 

これは上に書いた自転車保険の主な内容のうち、
④だけの機能を持っています。
なので、

 

  • 個人賠償責任保険→④だけの機能
  • 自転車保険→④の機能に、自転車事故向けに①②③の機能も追加

 

という経緯なんです。

 

 

 

 

『自転車保険』と『個人賠償責任保険』を具体的に比較してみます

 

自転車保険と個人賠償責任保険の、大まかな特徴はお伝えしました。
ここからは、いろんなポイントを比較してみますね。

 

 

自転車保険と個人賠償責任保険の加入の仕方

 

自転車保険の場合

単体で加入できます。
電話や公式サイトに資料請求をして下さい。

 

 

個人賠償責任保険の場合

単体で加入できるものは、おそらく現在はありません。

 

  • 自動車保険特約として付ける
  • 火災保険特約として付ける
  • 傷害保険特約として付ける
  • クレジットカード契約付帯サービスとして付ける

 

最初の3つのように、主契約にくっついて存在している場合が一番多いです。
契約者本人が問い合わせれば、
後日書類が送られるなどして、簡単に付けることができます。

 

 

 

自転車保険と個人賠償責任保険の被保険者の範囲

 

自転車保険の場合

契約者だけが被保険者です。
ここに追加保険料を足せば、「家族型」となり、
ご家族なども被保険者にすることができます。

 

 

個人賠償責任保険の場合

誰か一人が契約すると、被保険者の範囲は広いです。
ほとんどのプランで、以下の範囲が適応されます。

 

  • 契約者本人
  • その配偶者
  • 一緒に住んでいる親族(子供や祖父母や孫など)
  • 家計は一緒だけど別々に住んでいる家族(仕送り生活の学生など)

 

 

誰かひとりが、自動車保険に加入していたり、
クレジットカード契約を結んでいれば、
同居の家族から、仕送り生活の学生まで、
追加保険料無しで、みんな被保険者となれます。

 

 

自転車保険と個人賠償責任保険の被保険者の保険料

 

人気のプランで、年間保険料をご紹介します。
プランが複数ある場合は、一番安い保険料をご紹介します。
自転車保険は、家族型が有るプランと無いプランがあります。

 

 

自転車保険の保険料

プラン名

個人型保険料

家族型保険料

au損害保険 自転車向け保険
ケガの保険Bycle

4,290円

10,300円

三井住友海上
ネットde保険@さいくる

3,570円

8,760円

エース保険
自転車でも安心

「DプランA級職」

9,950円

家族型は

ありません

 

エース保険の「A級職」とは、
事務員、販売員、教員、主婦など危険の少ない職業のことです。

 

 

 

個人賠償責任保険の保険料

プラン名

保険料

JCBトッピング保険
日常生活賠償プラン

1,560円

損保ジャパン
THEクルマの保険

1,200円

セゾン自動車火災保険
じぶんで選べる火災保険

890円

 

 

わが家は、自動車保険の特約として加入しています。
年払いで1,380円です。
前から入っているプランに特約付加しました。

 

 

 

個人賠償責任保険で自転車保険を備えるメリット

 

①被保険者の範囲が広く、あらゆるケースをカバーするのに、
 保険料が安い!

 

②補償上限金額が高額なプランが多い

 

この2つがメリットです。
それぞれ詳しく解説していきますね。

 

 

 

保険料の安さ

自転車保険と違って、
自分自身が入院や手術した場合の給付金がありませんし、
死亡したとしても、死亡保険金の支払いもありません。
そのことが、自転車保険よりも安く保険料が済む大きな理由です。

 

「自分自身への保障が無いのは、なんだか心細いな~」

そう思っちゃいます?

 

でもあなたは、既に医療保険や死亡保険に入っていませんか?
たとえば自転車事故で入院した場合、
医療保険の入院給付金特約からお金は出ます!

 

日本で売られている医療保険の、入院給付金特約の通算日数は、
最低でも700日もあります。
この日数を使い切って亡くなる方は、ほぼいらっしゃいません。

 

 

なので、

・自分自身への保障は、医療保険や死亡保険で備えて、
・相手への損害賠償は、個人賠償責任保険で備える

 

こうした加入の仕方が、一番ムダがなくコスパが高いんです。

 

一方、もしあなたが、医療保険や死亡保険にまだ未加入だったとします。
それだったら、個人賠償責任保険よりも自転車保険に心惹かれるのも、
少しは分かります。

 

でも注意してください。

自転車保険の自分自身への保障は、
病気が原因の、入院・手術・死亡は、対象外
です。

 

医療保険や死亡保険より格段に手薄である点は、
覚えておきましょう。

 

 

 

補償金額が高額

自転車保険よりも、上限補償金額が高いプランが多いです。

 

自転車保険の補償金額の上限は、最も高くても1億円です。
対して個人賠償責任保険は、上限金額無制限のプランも多数あります。
自己負担金が生じるリスクは、個人賠償責任保険ならほぼゼロです。

 

1億金前後の高額な賠償金請求に対応できるのは、
個人賠償責任保険の方なんです。

 

 

 

個人賠償責任保険で自転車保険を備えるデメリット

 

そもそも、自動車保険や火災保険やクレジットカードなど、
個人賠償責任保険特約を付けられる契約を持っていなければ、
この保険に入ることができません。

 

またこれまで書いた通り、自分自身への保障は全くありません。
(でも、医療保険や死亡保険で、自分自身への保障は十分です。)

 

業務中の自転車事故は、勤務先の責任となるので、補償対象外です。
(でも、悪意や故意でない限り、勤務先が賠償責任を負います。)

 

そして一番注意が必要なのが、この保険が特約だという点です。
主契約である、自動車保険や火災保険やクレジットカード契約が無くなると、
当然、個人賠償責任保険も無くなります。

 

 

 

 

メリット&デメリットを考えてみても・・

 

見てのとおり、個人賠償責任保険はかなり便利ですし、
「特約である」という点さえ気を付けていれば、
デメリットもそれほど大きくないのです。

 

 

なのでうーこ的には、
自転車保険に単独で入るのは、
あまりオススメはしないですねー。

 

 

 

まとめ

 

  • 個人賠償責任保険に自転車事故の保障を付けたのが、自転車保険
  •  

  • 個人賠償責任保険は特約でしか販売していない
  •  

  • なので、主契約の自動車保険等が無くなれば、同時に無くなる
  •  

  • 保険料の安さと上限補償金額の高さが、一番のメリット

 

保険無料相談窓口 人気ランキング

保険マンモスは、無料保険相談サービスの中でも、
実績が豊富で、高い人気を維持してます。

その人気の理由は、
  • 担当FP(フィナンシャルプランナー)の質
  • 全国47都道府県対応
  • 保険だけではなく、住宅資金・教育費・老後資金など総合的なサポート
にあります。

特に重要なFPは業界随一とも言われ、
実務経験が豊富(平均5年)で、AFP等の有資格者も多数在籍しています。
また、「FPQ」という独自のサービス品質基準を設けており、
サービスの質を常に保つよう努力しています。


相談場所も自宅に来てもらえるので、
落ち着いて、じっくり相談に乗ってもらうことができます。
※自宅以外の場所(レストラン等)がいい場合も、対応可能です。

項目

評価

詳細

対応エリア

★★★★★

全国47都道府県対応
取り扱い保険会社数

★★★★☆

FPによる
FPの質

★★★★★

実務経験が平均5年、独自品質基準で常にサービスの質を維持
来店?訪問?

★★★★☆

訪問型 自宅など
口コミの満足度

★★★★★

FPの提案力が高く、話もしやすいと高評価


生命保険の無料相談



こちらは、保険無料相談窓口の店舗検索・予約サイトです。
なので、「相談窓口が、自分の家の近くに果たしてあるのか?」
そこから知りたい方には、是非使ってほしいサイトです。
まずマネモを利用し、そこから最寄りの窓口の存在を知れますから♪

全国約1,200店舗の、「保険見直し本舗」や「保険ほっとライン」等相談窓口を、
住所・最寄駅・地図・ショッピングセンターなどから検索して、予約できます。

全国47都道府県対応しています。
また、駐車場・キッズルーム・訪問OKなどの情報も記載されています。
相談窓口によっては、生命保険のみならず損害保険分野も対応していますから、
生保も損保も、まとめて見直したいあなたには、かなり便利ですね。

項目

評価

詳細

対応エリア

★★★★★

全国47都道府県対応
取り扱い保険会社数

★★★★☆

窓口によってバラつくが、損保OKの窓口も探せる
FPの質

★★★☆☆

相談窓口によってバラつきあり
来店?訪問?

★★★★★

どちらも検索可能で、施設情報も記載されている
口コミの満足度

★★★☆☆

便利だけど、主要な窓口を取り扱っていない


マネモ



こちらの窓口は、自分でFPを選べます。
厳選された全国のFP(社員ではなく外部のFP)が、データベース化されていて、
「おすすめから選ぶ」か、「ライフステージで選ぶ」から、検索できます。

もし数名がピックアップされたら、
データベースには、名前や年代、経歴、写真などの基本情報に加え、
得意分野や、お客様アンケートの結果が公開されていますから、
そこから更に信頼できそうなFPを選んでください。
なお、損害保険分野は基本的に対応していません。

訪問型ですが、自宅や勤務先など、
プライバシーが確保でき、落ち着いて相談できる場所が推奨されています。
どうしてもそれが無理な場合は、カフェ等でも相談可能です。

項目

評価

詳細

対応エリア

★★★★★

全国47都道府県対応
取り扱い保険会社数

★★★★☆

FPによる(平均20社程度)
FPの質

★★★★★

説明が丁寧で知識が豊富と評判
来店?訪問?

★★★★☆

訪問型 自宅や勤務先が望ましい
口コミの満足度

★★★★★

女性FPの指名も可能で、ストレスが無い


FPのチカラ