MENU

サルでもわかる『用語集』

保険の用語集です。
サイトの中で分からない言葉があったら、こちらで確認して下さいね。

サルでもわかる『用語集』記事一覧

預かり証あるものを預かったことを証明するための書類。保険証券や現金のような大切なものを、誰かに渡す時に作ります。「確かに渡しました」「確かに預かりました」という証拠になります。一時払い契約時に、保険契約者が保険会社に、一括で保険料を支払うこと。保険料は月払いにする方が多いですが、こうして最初に一回で払うと、トータルでは保険料が安くすみます。より詳しくは、コチラ一般財形目的を問わない使途自由な財形保...

介護保険被保険者が、寝たきりや認知症によって介護が必要な状態となり、その状態が一定の期間継続したとき、一時金や年金が受け取れる保険。公的介護保険と、民間の保険会社が売っている介護保険があります。保険会社が売る介護保険(民間の介護保険)は、公的介護保険の要介護認定に連動して、受け取れる場合もあります。公的介護保険については、40歳以上の国民が毎月介護保険料を納めています。そして、今現在介護が必要な方...

債権ある者が特定の者に対して、一定の行為を要求することを内容とする権利。債権は目に見えない権利です(これを目に見える形にしたのが債券です)。AさんがBさんに債権を持っているとすると、AさんはBさんに、お金の支払いを請求したり、あらかじめ決められている行為を強制できます。そういう意味では、保険の契約者は、保険会社に対して債権を持っています。契約者が入院したら、お金を払うことを保険会社に強制できますか...

団体保険あなたが勤める会社や団体の総務が窓口となり、従業員の保険料を一括して集め、保険会社に支払うシステムの保険。保険料は、毎月のお給料から引かれます。同じような内容なら、自分で入るより団体保険の方が保険料が安いです。会社や自治体は保険会社にとっては大きなお得意様ですから、「大口割引」がきくのです。より詳しくは、コチラ注意喚起情報保険会社が契約者に対し、注意喚起(警告)しなければならない情報を記載...

日額1日当たりの金額のこと。保険でいうなら、保険会社から支払われる給付金の、1日あたりの金額です。これは多いほど、被保険者や受取人にとってはうれしいですね!より詳しくは、コチラ年金年金制度を運営する団体や個人が(この場合は保険会社)、年金をもらえる資格のある人(この場合は契約者)に対し、毎年一定額を支払い続けていく仕組み。年金財形契約者が、契約時に決めた60歳以降の日付から5年以上の期間にわたって...

配当金予定利率と実際の運用との差によって、剰余金が生じた場合、その剰余金の還元として、契約者に分配されるお金のこと。保険料は3つの予定率をもとに算出していますが、実際には、予定したとおりの死亡者数、運用利回り、コストとは限りません。こうした3つの予定と実際の差を総合しても、予定より実際の方が保険会社にとってプラスなら、配当金が支払われます。より詳しくは、コチラ破たん経営などが行きづまること。より詳...

満期保険契約が切れる日のこと。生命保険でも医療保険でも、終身型のプランに満期はありません。養老保険は、満期に満期金が受け取れます。満期金満期を迎えたら、保険会社から受取人に支払われる保険金のこと。満期金は養老保険に付いていて、このお金を受け取って保険は終わります。満了終わると言う意味。民法日本人の生活上の一定のルールを定めた法律。私達日本人は、社会で生きていくうえで、色々な権利を持ったり、色々な義...

約款(やっかん)保険会社(保険者)が、保険契約においてあらかじめ契約内容を定める、定型的な条項。約款は保険会社だけじゃなく、運送会社など他の業種でも定めています。このような、大多数のお客さんと契約を結ぶ機会が多い仕事は、その契約ごとに、重要なことをあらかじめ約款で定めておかないと、会社側とお客さん側で、「言った言わない」のゴタゴタが起こります。有期期間が決まっていること。「定期」と同じ意味。有期年...

利息貸借した金銭などに対して、ある一定利率で支払われる対価。貸した側からすれば「利息」で、借りた側からすれば「利子」。Aさんから10万円を借りるとき、Bさんは迷惑料5,000円を払いました。今10万円あったら、Aさんは旅行に行けるかもしれないのに、Bさんがその機会を奪っているので、そのための迷惑料です。これが、利息や利子の考え方です。今その資金があったら、運用したり何か買ったり、色んな事に使えるの...

保険無料相談窓口 人気ランキング

保険マンモスは、無料保険相談サービスの中でも、
実績が豊富で、高い人気を維持してます。

その人気の理由は、
  • 担当FP(フィナンシャルプランナー)の質
  • 全国47都道府県対応
  • 保険だけではなく、住宅資金・教育費・老後資金など総合的なサポート
にあります。

特に重要なFPは業界随一とも言われ、
実務経験が豊富(平均5年)で、AFP等の有資格者も多数在籍しています。
また、「FPQ」という独自のサービス品質基準を設けており、
サービスの質を常に保つよう努力しています。


相談場所も自宅に来てもらえるので、
落ち着いて、じっくり相談に乗ってもらうことができます。
※自宅以外の場所(レストラン等)がいい場合も、対応可能です。

項目

評価

詳細

対応エリア

★★★★★

全国47都道府県対応
取り扱い保険会社数

★★★★☆

FPによる
FPの質

★★★★★

実務経験が平均5年、独自品質基準で常にサービスの質を維持
来店?訪問?

★★★★☆

訪問型 自宅など
口コミの満足度

★★★★★

FPの提案力が高く、話もしやすいと高評価


生命保険の無料相談



こちらは、保険無料相談窓口の店舗検索・予約サイトです。
なので、「相談窓口が、自分の家の近くに果たしてあるのか?」
そこから知りたい方には、是非使ってほしいサイトです。
まずマネモを利用し、そこから最寄りの窓口の存在を知れますから♪

全国約1,200店舗の、「保険見直し本舗」や「保険ほっとライン」等相談窓口を、
住所・最寄駅・地図・ショッピングセンターなどから検索して、予約できます。

全国47都道府県対応しています。
また、駐車場・キッズルーム・訪問OKなどの情報も記載されています。
相談窓口によっては、生命保険のみならず損害保険分野も対応していますから、
生保も損保も、まとめて見直したいあなたには、かなり便利ですね。

項目

評価

詳細

対応エリア

★★★★★

全国47都道府県対応
取り扱い保険会社数

★★★★☆

窓口によってバラつくが、損保OKの窓口も探せる
FPの質

★★★☆☆

相談窓口によってバラつきあり
来店?訪問?

★★★★★

どちらも検索可能で、施設情報も記載されている
口コミの満足度

★★★☆☆

便利だけど、主要な窓口を取り扱っていない


マネモ



こちらの窓口は、自分でFPを選べます。
厳選された全国のFP(社員ではなく外部のFP)が、データベース化されていて、
「おすすめから選ぶ」か、「ライフステージで選ぶ」から、検索できます。

もし数名がピックアップされたら、
データベースには、名前や年代、経歴、写真などの基本情報に加え、
得意分野や、お客様アンケートの結果が公開されていますから、
そこから更に信頼できそうなFPを選んでください。
なお、損害保険分野は基本的に対応していません。

訪問型ですが、自宅や勤務先など、
プライバシーが確保でき、落ち着いて相談できる場所が推奨されています。
どうしてもそれが無理な場合は、カフェ等でも相談可能です。

項目

評価

詳細

対応エリア

★★★★★

全国47都道府県対応
取り扱い保険会社数

★★★★☆

FPによる(平均20社程度)
FPの質

★★★★★

説明が丁寧で知識が豊富と評判
来店?訪問?

★★★★☆

訪問型 自宅や勤務先が望ましい
口コミの満足度

★★★★★

女性FPの指名も可能で、ストレスが無い


FPのチカラ