MENU

保険全般での疑問

保険に入る時にいまさら周りに聞けないような、
でも重要な疑問について、お答えします。

 

どんな保険会社が良いのか、破たんしても自分の契約は守られるのか・・。
あなたの基本的な疑問が解消されますよ。

保険全般での疑問記事一覧

どんな保険会社なら、あなたのプランを任せて安心なのでしょう?保険会社は毎年6月に、自分達の経営がどうなっているか、私達に公表します(ディスクロージャー)。そうでなくても、格付けソルベンシーマージン率責任準備金組入率など、経営が安全かどうかを表す言葉は、ネットや雑誌に多く出てきます。でも、どんな数字・どんな記号の保険会社を選んだらいいでしょう?責任準備金組入率責任準備金とは、今からその金額が予想でき...

破たんって、どういうことでしょう?倒産とか破産とは違うのでしょうか?破たんとは、経営などが行きづまることです。まだ会社はつぶれてはいないけど、このままではつぶれるという状況です。保険会社はどうなる?保険会社は、「生命保険契約者保護機構」という組織に加入しています。そして、その中の保険会社が破たんしたら、資金の援助などをして、各契約内容を守ろうとします。また、たとえ保険会社が破たんしたとしても、その...

書類を書いただけでは始まらないのが、保険です。3つの作業がすべて終わらないと、保障はスタートしませんよ。例として、Aさん(旦那さん)とBさん(奥さん)で考えます。契約者はAさんで、被保険者はBさんです。作業その1:申込書生命保険会社と契約を結ぶ契約者Aさんと、保険の対象になる被保険者Bさんが、それぞれ申込書に署名・押印します。もし、契約者も被保険者もAさんなら、Bさんの署名・押印は要りません。そし...

クーリングオフとは、決められた期間の中でなら、申込みの取り消し、または契約の取り消しができる、制度のことです。「クーリングオフしたい」と伝えるもちろん保険でもクーリングオフはできます。もしあなたが、一度契約した保険をやっぱり止めたいとき、「クーリングオフの申し出書」を書きましょう。書くのは契約者です。専用の用紙や決まった書式等はありません。ですが、この程度は書いていおかないと、保険会社側も手間がか...

保険会社は、リスクが高い人ほど保険料を多くとります。イジワルに聞こえますが、ちゃんと理由があります。保険会社にとってのリスク保険会社のリスクとは、死亡保険金や入院などの給付金を、支払うことです。(もちろんこうした支払いは、保険会社の重要な仕事ですから、契約者から申し出があれば、契約どおりに払わなければなりませんが。)そしてこのリスクは、年齢が高い人ほど大きくなるのです。30歳と60歳の、同じ仕事を...

保険料払込免除は、保険料を払わなくても、保険を続けられるということです。保険料払込免除にできる条件は色々ありますが、やはり絶対に避けたいシチュエーションだと思います・・。生命保険だと、保険料払込免除ができるプランは少ないです。保険料払込免除となる状況保険会社によりますが、被保険者が事故で、事故の日からその日を含めて180日以内に、両耳が全く聴こえなくなり、それが一生続くと医師から判断される片方の目...

生命保険料控除は、生命保険に契約している人への特典です。絶対に活用しましょう!生命保険料控除とはあなたが働いていらっしゃるなら、所得税や住民税を納めています。この税金の額は、やはり1年間の収入の多さから決まります。収入の多さによって、収入の何%の税金を徴収されるかが決まります(税率)。たくさん稼いだ人は高い税率ですし、そうでない人はそうでもなく。ところで、あなたがもし保険の契約者なら、保険料を支払...

今の保険プランより魅力的な保険プランが、たとえ見つかったとしても、今のプランをすぐに解約しては、絶対にダメです!保障の空白をつくってはいけない!新しく契約した保険が、間違い無く始まってから、解約して下さい。新しい保険の保険証券が届いてから、前の保険を解約するのです。「新しい保険が責任開始したら、もう解約してもいいんじゃないの?」そうですね、それでも間違っていません。でもここは、絶対大丈夫!という方...

保険無料相談窓口 人気ランキング

保険マンモスは、無料保険相談サービスの中でも、
実績が豊富で、高い人気を維持してます。

その人気の理由は、
  • 担当FP(フィナンシャルプランナー)の質
  • 全国47都道府県対応
  • 保険だけではなく、住宅資金・教育費・老後資金など総合的なサポート
にあります。

特に重要なFPは業界随一とも言われ、
実務経験が豊富(平均5年)で、AFP等の有資格者も多数在籍しています。
また、「FPQ」という独自のサービス品質基準を設けており、
サービスの質を常に保つよう努力しています。


相談場所も自宅に来てもらえるので、
落ち着いて、じっくり相談に乗ってもらうことができます。
※自宅以外の場所(レストラン等)がいい場合も、対応可能です。

項目

評価

詳細

対応エリア

★★★★★

全国47都道府県対応
取り扱い保険会社数

★★★★☆

FPによる
FPの質

★★★★★

実務経験が平均5年、独自品質基準で常にサービスの質を維持
来店?訪問?

★★★★☆

訪問型 自宅など
口コミの満足度

★★★★★

FPの提案力が高く、話もしやすいと高評価


生命保険の無料相談



こちらは、保険無料相談窓口の店舗検索・予約サイトです。
なので、「相談窓口が、自分の家の近くに果たしてあるのか?」
そこから知りたい方には、是非使ってほしいサイトです。
まずマネモを利用し、そこから最寄りの窓口の存在を知れますから♪

全国約1,200店舗の、「保険見直し本舗」や「保険ほっとライン」等相談窓口を、
住所・最寄駅・地図・ショッピングセンターなどから検索して、予約できます。

全国47都道府県対応しています。
また、駐車場・キッズルーム・訪問OKなどの情報も記載されています。
相談窓口によっては、生命保険のみならず損害保険分野も対応していますから、
生保も損保も、まとめて見直したいあなたには、かなり便利ですね。

項目

評価

詳細

対応エリア

★★★★★

全国47都道府県対応
取り扱い保険会社数

★★★★☆

窓口によってバラつくが、損保OKの窓口も探せる
FPの質

★★★☆☆

相談窓口によってバラつきあり
来店?訪問?

★★★★★

どちらも検索可能で、施設情報も記載されている
口コミの満足度

★★★☆☆

便利だけど、主要な窓口を取り扱っていない


マネモ



こちらの窓口は、自分でFPを選べます。
厳選された全国のFP(社員ではなく外部のFP)が、データベース化されていて、
「おすすめから選ぶ」か、「ライフステージで選ぶ」から、検索できます。

もし数名がピックアップされたら、
データベースには、名前や年代、経歴、写真などの基本情報に加え、
得意分野や、お客様アンケートの結果が公開されていますから、
そこから更に信頼できそうなFPを選んでください。
なお、損害保険分野は基本的に対応していません。

訪問型ですが、自宅や勤務先など、
プライバシーが確保でき、落ち着いて相談できる場所が推奨されています。
どうしてもそれが無理な場合は、カフェ等でも相談可能です。

項目

評価

詳細

対応エリア

★★★★★

全国47都道府県対応
取り扱い保険会社数

★★★★☆

FPによる(平均20社程度)
FPの質

★★★★★

説明が丁寧で知識が豊富と評判
来店?訪問?

★★★★☆

訪問型 自宅や勤務先が望ましい
口コミの満足度

★★★★★

女性FPの指名も可能で、ストレスが無い


FPのチカラ