MENU

生命保険に関する疑問

生命保険では、難しい専門用語がたくさん出てきます。
知ったかぶりで通すより、このカテゴリでサクッと解消しましょう。

生命保険に関する疑問記事一覧

契約した保険金がもらえない時・・。その多くは、あなたが「告知義務違反」をした場合です。告知義務違反契約者または被保険者には、「告知義務」がありますよね。過去○年間病気をしたか(病名・治療期間等)現在の健康状態職業など、事実をありのままに告知しなければなりません。実は持病があるのに告知しなかったら、それは義務を果たしていないのです。こうした告知義務違反をしてしまったら、大変なことです!保険会社は、契...

生命保険の契約内容の変更は、できます。生命保険は、家族にお金をのこす保険ですから、結婚したり出産して、家族が増えたり、子供が全員独立して、大きな死亡保険金額が要らなくなったり、そのたびに内容を変える方が、むしろ正しいです。契約の追加いま入っている生命保険とはまた別に、生命保険の契約をすることです。今の保険と追加する保険なので、保険証券の枚数は増えます。生命保険の追加を考えるのは、死亡保険金額を増や...

転換契約とは、今入っている生命保険を「下取り」し、新しい生命保険に契約することです。それまでの生命保険が新しい生命保険に変わるので、保険証券も証券番号も変わります。枚数はそのまま1枚です。積み立て部分を下取りする下取りの考え方は、今乗っている車やバイクを下取りしてもらい、次の車やバイクを買う時の代金にあててもらう、というのと同じです。今の車を下取りすると50万円の価値があって、次に買う車が200万...

高度障害保険金とは、保険期間中に、被保険者が、責任開始日以後の病気やケガが原因で、「障害状態」になってしまった場合、受け取ることができるお金です。障害状態とは?どんな状態を障害状態と言うかは、保険会社によって違います。でも、大体は以下のように決まっています。両眼の視力を、一生涯全く失ったもの言語またはそしゃくの機能を、一生涯全く失ったもの中枢神経系・精神または胸腹部臓器に、目立った障害を残し、一生...

指定代理請求人とは、受取人や被保険者の代わりに、入院給付金手術給付金高度障害保険金特定疾病保険金などの、請求ができる人のことです。あなたが医療保険に入っていて、給付金の受取人も自分にしている場合。突然交通事故に遭い、意識不明の状態になったとします。そんな時、誰かがあなたの代わりに保険会社に給付金の請求をしてくれたら、あなたは契約通りのお金を支払ってもらえますよね。万が一の事態でも、ちゃんと契約通り...

あなたが海外に住むことになっても、生命保険は続けられます。「海外渡航のてびき」に詳しく書かれています。海外に住むことになったら・・海外に住むことになったら、生命保険会社に知らせなければなりません。そして、保険会社が指定する書類を用意します。「海外渡航届け」という書類を送ってくれるよう、連絡しましょう。「住む」と「勤務して住む」では、書類が違うかもしれないので、どっちなのか、保険会社にハッキリ伝えて...

途中で保険料を払えなくなっても、保険を続けられる方法はあります。一度契約した大切な保障は、簡単には手放さないようにしましょう。今の保険をうまく利用して続ける方法を、4つ紹介します。減額や特約の解約プランを見直してみて、死亡保険金額が高すぎたり、必要の無い特約を付けていたとしたら、それをはずしましょう。 独身なのに、死亡保険金額1,000万円を契約していたり。子供の医療費無料の市に住んでいても、こど...

契約者と被保険者が同じなら、死亡保険金は、相続財産ではなく「固有財産」です。固有財産の説明は、あとからしますね。まず、相続についてお話します。相続について相続とは、死亡した人の財産・権利・義務を、特定の人が引き継ぐことをいいます。死亡した人は被相続人引き継いだ人は相続人と呼ばれます。相続の仕方は民法で決められています。相続人になれる人法定相続人相続できる割合法定相続分は、覚えておきましょう。結婚し...

保険無料相談窓口 人気ランキング

保険マンモスは、無料保険相談サービスの中でも、
実績が豊富で、高い人気を維持してます。

その人気の理由は、
  • 担当FP(フィナンシャルプランナー)の質
  • 全国47都道府県対応
  • 保険だけではなく、住宅資金・教育費・老後資金など総合的なサポート
にあります。

特に重要なFPは業界随一とも言われ、
実務経験が豊富(平均5年)で、AFP等の有資格者も多数在籍しています。
また、「FPQ」という独自のサービス品質基準を設けており、
サービスの質を常に保つよう努力しています。


相談場所も自宅に来てもらえるので、
落ち着いて、じっくり相談に乗ってもらうことができます。
※自宅以外の場所(レストラン等)がいい場合も、対応可能です。

項目

評価

詳細

対応エリア

★★★★★

全国47都道府県対応
取り扱い保険会社数

★★★★☆

FPによる
FPの質

★★★★★

実務経験が平均5年、独自品質基準で常にサービスの質を維持
来店?訪問?

★★★★☆

訪問型 自宅など
口コミの満足度

★★★★★

FPの提案力が高く、話もしやすいと高評価


生命保険の無料相談



こちらは、保険無料相談窓口の店舗検索・予約サイトです。
なので、「相談窓口が、自分の家の近くに果たしてあるのか?」
そこから知りたい方には、是非使ってほしいサイトです。
まずマネモを利用し、そこから最寄りの窓口の存在を知れますから♪

全国約1,200店舗の、「保険見直し本舗」や「保険ほっとライン」等相談窓口を、
住所・最寄駅・地図・ショッピングセンターなどから検索して、予約できます。

全国47都道府県対応しています。
また、駐車場・キッズルーム・訪問OKなどの情報も記載されています。
相談窓口によっては、生命保険のみならず損害保険分野も対応していますから、
生保も損保も、まとめて見直したいあなたには、かなり便利ですね。

項目

評価

詳細

対応エリア

★★★★★

全国47都道府県対応
取り扱い保険会社数

★★★★☆

窓口によってバラつくが、損保OKの窓口も探せる
FPの質

★★★☆☆

相談窓口によってバラつきあり
来店?訪問?

★★★★★

どちらも検索可能で、施設情報も記載されている
口コミの満足度

★★★☆☆

便利だけど、主要な窓口を取り扱っていない


マネモ



こちらの窓口は、自分でFPを選べます。
厳選された全国のFP(社員ではなく外部のFP)が、データベース化されていて、
「おすすめから選ぶ」か、「ライフステージで選ぶ」から、検索できます。

もし数名がピックアップされたら、
データベースには、名前や年代、経歴、写真などの基本情報に加え、
得意分野や、お客様アンケートの結果が公開されていますから、
そこから更に信頼できそうなFPを選んでください。
なお、損害保険分野は基本的に対応していません。

訪問型ですが、自宅や勤務先など、
プライバシーが確保でき、落ち着いて相談できる場所が推奨されています。
どうしてもそれが無理な場合は、カフェ等でも相談可能です。

項目

評価

詳細

対応エリア

★★★★★

全国47都道府県対応
取り扱い保険会社数

★★★★☆

FPによる(平均20社程度)
FPの質

★★★★★

説明が丁寧で知識が豊富と評判
来店?訪問?

★★★★☆

訪問型 自宅や勤務先が望ましい
口コミの満足度

★★★★★

女性FPの指名も可能で、ストレスが無い


FPのチカラ