MENU

医療保険に関する疑問

医療保険でも、難しい専門用語が沢山出てきます。
生命保険より医療保険のほうが、給付回数は多いのですから、
確実に疑問点は解消しておきましょうね。

医療保険に関する疑問記事一覧

日額とは、「1日当たりの金額」ということです。医療保険の中の入院と通院では、よく使われる言葉ですね。入院給付金日額入院給付金日額は、1日入院したら受け取れる金額です。24時間たっているかどうかは、関係ありません。4/1の23時に入院して、4/2の8時に退院しても、2日間の入院になります。入院給付金日額は、自分でも自由に決められます。プランにより、年齢により、選べる幅が違いますが。年齢が若いほど、選...

1入院とは、同じ病気やそれに関係する病気の、「入院が必要なワンセットの治療」です。どういうのが1入院?「1入院」の説明をする前に覚えておいてほしいことがあります。通算入院日数の限度額各プランには「通算入院日数の限度額」があり、保険期間をとおして、その日数分までは、保障してもらえます。たとえば、「通算入院日数の限度額」が1000日というプランだったら、保険期間が10年でも、最大で1000日分の入院日...

通院と日帰り入院の違いは、お医者さんがどう判断するかの違いです。通院は「外来」とも言われます。違いは結構むずかしい私達は病院でお金を支払うと、領収書をもらいますよね。そこに「入院基本料」と書かれてあれば、ああ、これは通院じゃなくて入院なんだなって、後からわかります(笑)。でもこれではあなたもモヤッとしたままですよね。私が保険営業員だったころの経験から申し上げます。お医者さんが治療が必要と判断し、途...

せっかく医療保険に入っていても、給付金が出ない手術もあります。ちゃんと約款で確認しましょう。治療が目的じゃない手術「治療」は、病気やけがを治すことです。その病気やけがの症状を軽くすることも含まれます。以下は、給付金を受け取れない例です。レーシック手術今より視力をよくするための手術なので、治療が目的ではありません。美容整形見た目をよくするのが目的で、原因が病気やケガじゃないので、治療が目的ではありま...

入院給付金は、入院中でも受け取れます。では、どうやったら入院給付金は受け取れるのか、それも説明します。入院給付金の受け取り方給付金は、受取人が請求できます。(保険会社によっては、被保険者ができる場合もあります)入院給付金の被保険者が奥さん契約者と受取人が旦那さんだとします。保険会社に連絡保険会社に電話で連絡します。その時、証券番号契約者被保険者の名前は、伝えて下さい。もし分かるなら、病名入院日手術...

請求書と診断書は、普通郵便以外で渡すのがベストです。同封されている封筒は・・入院したり手術したり通院したり・・。あなたは、保険会社からお金を支払ってもらうために、請求書を書き、病院から診断書を書いてもらいますね。請求書は保険会社から郵送で送られてきますが、そのとき、返信用封筒も入っています。「この封筒に請求書と診断書を入れて、ポストに入れて下さい」という意味で入っています。たいていの人は、何の疑問...

持病があると、医療保険に入るのはとても不利です。前に「割増保険料」が必要な場合についてでも書きましたが、このように割増分のお金を払ったとしても、医療保険を契約できるなら、まだマシです。持病のせいで、医療保険の契約自体を断られることは、実はよくあります。どんなことが不利なのか?このように医療保険に入れないことは、言うまでも無く不利ですよね。でも、持病があっても契約できる医療保険も、各保険会社は売って...

太っていなかったり、タバコを吸っていなかったりすると、保険料を安くするプランもあります。健康体(優良体)割引健康体とか優良体って、どんなからだのことでしょう?保険会社によって決め方が変わりますが、体重(キログラム)÷身長×身長(メートル) が、18~26の範囲血圧が、その年齢で正常尿検査の結果が正常女性の場合は妊娠していないこのあたりがひっかからなければ、健康体(優良体)と言われます。ただ、これだ...

保険無料相談窓口 人気ランキング

保険マンモスは、無料保険相談サービスの中でも、
実績が豊富で、高い人気を維持してます。

その人気の理由は、
  • 担当FP(フィナンシャルプランナー)の質
  • 全国47都道府県対応
  • 保険だけではなく、住宅資金・教育費・老後資金など総合的なサポート
にあります。

特に重要なFPは業界随一とも言われ、
実務経験が豊富(平均5年)で、AFP等の有資格者も多数在籍しています。
また、「FPQ」という独自のサービス品質基準を設けており、
サービスの質を常に保つよう努力しています。


相談場所も自宅に来てもらえるので、
落ち着いて、じっくり相談に乗ってもらうことができます。
※自宅以外の場所(レストラン等)がいい場合も、対応可能です。

項目

評価

詳細

対応エリア

★★★★★

全国47都道府県対応
取り扱い保険会社数

★★★★☆

FPによる
FPの質

★★★★★

実務経験が平均5年、独自品質基準で常にサービスの質を維持
来店?訪問?

★★★★☆

訪問型 自宅など
口コミの満足度

★★★★★

FPの提案力が高く、話もしやすいと高評価


生命保険の無料相談



こちらは、保険無料相談窓口の店舗検索・予約サイトです。
なので、「相談窓口が、自分の家の近くに果たしてあるのか?」
そこから知りたい方には、是非使ってほしいサイトです。
まずマネモを利用し、そこから最寄りの窓口の存在を知れますから♪

全国約1,200店舗の、「保険見直し本舗」や「保険ほっとライン」等相談窓口を、
住所・最寄駅・地図・ショッピングセンターなどから検索して、予約できます。

全国47都道府県対応しています。
また、駐車場・キッズルーム・訪問OKなどの情報も記載されています。
相談窓口によっては、生命保険のみならず損害保険分野も対応していますから、
生保も損保も、まとめて見直したいあなたには、かなり便利ですね。

項目

評価

詳細

対応エリア

★★★★★

全国47都道府県対応
取り扱い保険会社数

★★★★☆

窓口によってバラつくが、損保OKの窓口も探せる
FPの質

★★★☆☆

相談窓口によってバラつきあり
来店?訪問?

★★★★★

どちらも検索可能で、施設情報も記載されている
口コミの満足度

★★★☆☆

便利だけど、主要な窓口を取り扱っていない


マネモ



こちらの窓口は、自分でFPを選べます。
厳選された全国のFP(社員ではなく外部のFP)が、データベース化されていて、
「おすすめから選ぶ」か、「ライフステージで選ぶ」から、検索できます。

もし数名がピックアップされたら、
データベースには、名前や年代、経歴、写真などの基本情報に加え、
得意分野や、お客様アンケートの結果が公開されていますから、
そこから更に信頼できそうなFPを選んでください。
なお、損害保険分野は基本的に対応していません。

訪問型ですが、自宅や勤務先など、
プライバシーが確保でき、落ち着いて相談できる場所が推奨されています。
どうしてもそれが無理な場合は、カフェ等でも相談可能です。

項目

評価

詳細

対応エリア

★★★★★

全国47都道府県対応
取り扱い保険会社数

★★★★☆

FPによる(平均20社程度)
FPの質

★★★★★

説明が丁寧で知識が豊富と評判
来店?訪問?

★★★★☆

訪問型 自宅や勤務先が望ましい
口コミの満足度

★★★★★

女性FPの指名も可能で、ストレスが無い


FPのチカラ